ブラジリアンワックスと自己処理

最近よく目にするVIO脱毛やハイジニーナという言葉。
Vラインなんかは皆さま水着など着られるときに気になりますよね。
VIOというのは、Vは大陰唇の周り、Oは肛門周りのことですが、その部位の脱毛のことです。
専門のブラジリアンワックスサロンもかなり増えました。

でも、デリケートな部分を見られのは恥ずかしい。
私も恥ずかしいし、面倒・・・と、自己処理(剃刀と毛抜きを使用)で済ませていましたが、事故処理で一番の悩み・・・
それは「埋没毛」でした。
抜いたり剃ったりしたあと、生えてくる無駄毛が皮膚の中で埋もれてしまい、ひどくなると膿んでしまったり。
見た目も決して良いものではありません・・・。
私も埋没毛は毛抜きと消毒した針で脱いでいました。

「自分できれいに抜きたい、チクチクするのはもう嫌~」と思い、ネットでブラジリアンワックスのセットを購入しました。
湯せんでワックスを溶かして常温にして、付属のスパチュラで肌に薄く塗り、シートを貼り一気に剥がす。・・・なかなか根気がいるし、痛いです。
それに、十分な効果を得たいのなら、無駄毛を8ミリくらいは伸ばさないといけないんです。
せっかく伸ばしていたのに、急なデートのお誘いがあったりなんかした時は、泣く泣く剃ってしまったり。

主流になっているような、なっていないようなブラジリアンワックス、一度サロンでうけてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です